マダムミチコと魔法のロールの日々
マダムミチコの日々の徒然。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節がうつって
Tシャツ一枚でも心地好い毎日だったのが、このところ肌寒く
ストーブの点検などしてみました。
本体にはかわりが無く安心してたら、灯油をいれるポンプが動かない!
つまり、電池切れ。
しかも、単1。最近このサイズはみかけなくないですか?
あらゆるものがコンパクトになっている中、懐かしい~。

スポンサーサイト
来週の試作よてい。
カフェではそろそろあったかなロイヤルミィクティーに
人気が集まってきました。
そこで?というのか、カフェスタッフから
ロイヤルミィクティ味のプリンがほしい~のリクエストに応え
抹茶プリンや豆乳プリンも一緒に試作予定です。
あれこれ仕上げを凝るよりも、牛乳やバニラのグレードを
さらに上げていこうかと考えています。
これから気温が下がるにつれ、濃厚な一口が美味しいからです。

母上さま
今日は、母のお誕生日。
家族が集まり一緒に夕食・・・わたしを除いて。
この数年、家族の集まりにも参加せず
本当にごめんなさい。
ほんじつもケーキの配達にいそしんでいるわたしです。
こんなことで、よいのかしら。
今夜はあらためて母を想っています。
黒豆スウィーツ
11月にむけて黒豆入りのケーキを試作しております。
せっかくだからと、丹波産の黒豆を京都の料理人さんに
煮込んでもらった贅沢豆を使ったロールとフィナンシェです。
目の前にすると、すごい迫力!っと感心したものの
店頭に出すにはかなりの高額に・・・。
でも、美味しい。
今週は、梅田大丸さんでの催事期間中のため、さすがの鉄人から
続きは来週に~と要請もあり、練り直す事にしております。


丹波の黒豆
京都の知人が、「おいしく炊けたから」と、丹波産の黒豆を
送ってくれました。
もう、つやつやとしてぷぅ~っとふくらんですごくおいしそう!
さすが、地元のかたは黒豆の扱いを心得ておられるな~。
さっそく、ゴージャスなロールケーキに挑戦してみました。
中に、丹波栗をぎっしりつめて、黒蜜をクリームに混ぜて・・・
出来上がってみると
いわゆる、巻き寿司にある横綱巻のごとく、豪華~!
お値段がつけれませんわ。


ラジオ関西
先月に引き続き、ラジオ関西月曜深夜1:00「恋愛Voyage」の
スタジオにお邪魔してきましたよ!
携帯電話占いで人気の松田樹峰先生とご一緒させていただきました。
占いの先生ときくと、どんな方なのかといろいろ想像してしまうのですが、樹峰せんせいって、すごくかわいい方。
ご自分のできることで、なにか人の助けにならないかと
常に考え、何事にも一所懸命に取り組んでおられて・・・。
自分を最優先に生きている人間が多い中、稀有な存在です。

おばけかぼちゃ
店舗のウインドーに巨大な≪おばけかぼちゃ≫が鎮座して
10日あまり。
ハロウィンムードが店内に充満してきています。
かぼちゃのクッキーはじめ、かぼちゃのプリンやモンブランなどの
お菓子もそろって、かなり楽しい感じ。
欧米のように、子供たちが変装したり、ご近所をまわってお菓子を
もらって廻る習慣まではありませんが、ハロウィンを楽しむ事は
浸透してきたようです。
スピルバーグの「E・T」でも有名なシーンがありましたものね。
今回の限定お菓子の中で、わたし個人的におすすめなのは、
かぼちゃのクッキー。
さくっとやわらかめの食べやすくて飽きないお味に出来上がってます。



PC周辺機器
ヨドバシ、ビッグカメラ、ジョーシンもう、どこへ行っても
パソコン関係のものでぎっしり。
説明をきいても、わたしには使用用途すら理解できない状態。
でも、知っている人は多勢おられて、便利につかいこなして
どんどん、仕事をすすめているのを見ては感心するばかり。
頭がかたくなるってこういうことかも・・・。
どうしたら、美味しいケーキになるのかを考えるのは
楽しいので苦になりませんが、機械相手はどうも
はかどらない毎日です。

きなこ
きなこをケーキにどうやって上手につかおうか・・・
クッキーやタルト生地に混ぜて焼くなら粉っぽくなく仕上がりますが
クリームとあわせてつかうには・・・
連日、鉄人ガンちゃんと試してみるものの、難産です。
なんとか復活~。
先週の金曜から、かなり体調が悪く、ご不浄に近いソファで寝る事1週間。
のっけから、失礼なスタートでごめんなさいませ。
神経性腸炎とかなんとか・・・。
あまりの回数に、クリニックへ駆け込んだものの
いただいたお薬も効果なく、散々な毎日を過ごしておりました。
脱水症状にならないよう、お番茶をたいてのんでいたので、もうお茶はみたくない!

というわけで、少しお休みいただいた日記ですが今日から復活です。

フルーツほうずき
夏の風物詩にホウズキ市がありますが、フルーツホウズキを
ご存知ですか。
柿のような色で、プティトマトの大きさです。
少し、苦味がありますが、ビタミン豊富な食べ物です。
知り合いの方が昨年から栽培をはじめられて、今年の収穫を
頂いたところ、昨年より甘みが増し、かなりおいしくなっ
ていました。
冬を越すのに、手間がかかるそうです。
ケアマネジャーさん
わたしの両親がケアマネジャーさんのお世話になるようになって
3年が過ぎました。
はじめは、どうゆう内容をお世話くださる存在なのかがわからず
あまりお話もしませんでした。
多くの方もそうではないでしょうか。
お願いするコツがわかったのは、母が突然心臓弁膜症ですぐにも手術が必要と診断されてからです。
入院など病院関係に必要な準備は家族でわかりますが
母の留守中に一人残ってしまう父の生活をどうするかと困ったときに
ケアマネジャーさんが大活躍。
父のリハビリのスケジュールから、夕食の用意などをおねがいする
ヘルパーさんへの連絡などect。
専業主婦でないわたしに代わって、あらゆることを手配くださいました。
堂島から、父の自宅まで車で片道100分の往復、入院中の母への
お見舞い、もちろん仕事。半年間もつづくとやっぱり大変。
そんな時、両親だけでなく、わたしの事も気遣ってくれて・・・。

はじめは、彼女のゆっくりした口調にテンポが合わなかった私ですが
本当に感謝しています。


金スマ
ニュース!!
きのう、朝に
堂島店で魔法のロールを買ってくださったお客様から
夕方お電話が入り、「今、金スマのスタジオよ!スタッフが皆
お宅の魔法のロールと堂島プリンを召し上がってるのよ!」
 まあ、うれしい。
金スマってもしかしたら、スマップの中居くんが出ている番組?
普段テレビを見ないわたしでも知っています。
でも、驚くのは、そのスタジオにおられる、うちのお客様の
お顔のひろさです。

小粋料理「万惣」
たしか、ここのご主人と知り合って30年近くなると思います。
東京で修行されて、奈良に帰ってこられてからです。
今日は、ヘルパーさんがお休みなので、両親を外食にさそって
久しぶりに万惣さんに行く予定です。
最初のお店は、奈良市から天理に向かう24号線にかまえられ
学園前に移られたのが20年近く前。
魚とお酒がおいしいのは当然として、器の好みが素晴しいお店で、
焼き物らしい、職人の手の力と焼くパワーが感じられる食器が豊富です。
母からのお鍋が食べたいというリクエストを伝えると、
ほな、これから用意しまひょ!と元気なお返事。
いかなるお鍋をご用意してくださるか、ココからは全て
おまかせで安心。

場所は、学園前駅から鹿の台方面にむかい、登美ヶ丘の信号を
東(右)にまがって、下り坂をすすみ、一つ目の信号右にあります。
日の出
今朝は5時前に目が覚めてしまい、せっかくだからと、
日の出をまってみました。
三日月がでているのに、すでに空全体が明るく、なんだ
日の出前でも明るいのかと、すこし残念におもってみて
いると、光とともに太陽が昇ってきました。
さすがに太陽はまぶしく、庭のミントを何倍もの明るさで
照らしていきました。
なぜか娘も目が覚めたらしく起きて来たので、日の出の太陽が
まっぶしいよ~と誘ってみましたが、ふーんと応えただけ。
ひとりでうきうきとした朝でした。
ほっとcofee
となりで、1日PCと戦ってくれているのが経理のK氏。
経理って、こまかい数字入れを根気よく丁寧にあつかうすごい仕事だとおもいます。
わたしには、できない~。
そんなK氏が淹れてくれるCofeeがおいしいんです!
かりかりしている、わたしの気持ちをほぐしてくれる・・・
そんなほっとした時間をプレゼントしてくれるのに、さりげない。
これが、大人でしょうか。

マシュマロ
ふわふわっとして、しゅーっと消える。
お菓子の中でも、いちばんやわらかいマシュマロ。
最近はフレッシュなマンゴーやフランボアーズがはいって
より上等になってきています。
鉄人がんちゃんがつくってくれるマシュマロでスタッフに
人気があるのは、ライム味とパッションフルーツ味です。
あわいグリーンと白に近い色なので、一見何味かわからない
ですが、味はしっかりしています。
甘いけれど酸味が効いてますので、見かけたらためしてみてください。
甘春堂の御茶碗
お茶関連をもうひとつ。
京都七条にある甘春堂の名物に砂糖菓子で作った抹茶茶碗があります。
3回くらいお茶を点てても平気なんですよ。
手土産にすると、喜んでいただける楽しいお菓子です。
一度おためし下さい。
おぜんざい
お茶のお稽古で、風炉から炉にかわるとき
おぜんざいをいただく倣いはありませんでしたか?
この数年、お稽古からはとんと遠ざかっていて記憶がうすいのですが
たしか、うちの先生はおぜんざいを用意してくれたように
おもいます。
ま、うん十年もまえだし、わたしも子供でしたから楽しませようとの
計らいかもしれません。
でも、あまいものは少し苦手のわたしが、おぜんざいは食べるんですから、先生のおかげかもしれません。
奈良の苺農家さん
今年のクリスマス用に、奈良のOさんの畑の苺を予約しています。
ご自宅には、たくさんの表彰状が並ぶ、有名なおうちです。
おじいさまの代からたくさんの苺を栽培されており、やんごとない高貴な方へも毎年届けられる苺ちゃんです。
昨年に頂いたときに、そのつやつやしい輝きと甘さにびっくりして
おもわず、来年のお願いをしていたものです。
ほんとうに、ジューシーな苺。
苺の表現にはジューシーとは使わない言葉だと思いますが
実際、そうなんですから他に例えようがございません。ichigo


苺バトンケーキ
苺のショートケーキの人気は常にトップ。
だからこそ、厳選したたまごと苺を使いたいものです。
そこで、ある鶏舎にお願いして、送っていただくことになりました。
ただし、週2便のみ。
前の週に予約して、その数だけ朝取りたまごが運ばれてきます。
そのたまごを使って焼いているのが、苺バトンです。
スポンジの色目がとても鮮やかな黄色で、健康そのもの。
お値段は張りますし、たまごの納品日以外は
店頭に並ばないなどのご不便はおかけしますが
一度たべくらべてみてくださいませ。

ichigo1.jpg


藤田まことさんといえば
まだわたしが中学生の頃、両親とおまいりにうかがった
ある神社でお会いしたことがありました。
すでに必殺シリーズがヒットしておられた藤田さんが
静かにおまいりされてる姿に、ミーハーはことも言えず
ただおなじテーブルに座っているのが精一杯でした。

京都は八瀬にある九頭龍大社さんは
芸能やお商売にご利益があるそうです。
鬼平犯科帳
週末の夜の楽しみは、吉右衛門さんの鬼平犯科帳と
そのつづきに藤田まことさんの剣客商売をみること。

おいくつですかときかれても、もちろんノーコメント。
そのうち、時代劇大好きなひとばかりのサイトをさがしましょうっと!

3文って。
経理のK氏が3文判の語源はどこから・・・と言い出し
ネットで調べだしたことから、銭形平次はどんなお金を
投げていたのかとなりました。
平次といえば、大川橋蔵。男前よね~。という世代のわたしたち。
市川雷蔵もよかったわぁ~。とくに眠狂四郎役。
田村正和版もよいですが。

わたしは時代劇チャンネル大好きなのです。
もうすぐ、大江戸捜査網の再放送がはじまるのが楽しみです。

病院にて
普段はなじみのない、大病院、都島総合医療センター。
廊下は広いし、検査室はたくさんあって、きもちよいです。
でも、何日もいると、ここでは連日手術がおこなわれて、
つねに命にかかわる瞬間が存在するのだと、痛感します。
もちろん、全国の病院がおなじこと。
多くの人が、病人をかかえていたんだな・・・
笑顔で食事している人や、必死に仕事に打ち込んでいる人の中にも
病人をかかえている人がいるとおもいます。
みんな、えらいなっと実感しています。
リハビリ
うちの父が脳梗塞でたおれて、もう20年。
ず~っとリハビリを続けています。
年々体力がおとろえ、おもうように運動も出来ません。
失った言葉はもどってこないし、語彙も少なくなってきます。
おやこでも、話が通じずおたがいイライラしてしまいます。

でも、わたしが帰宅すると必ず「がんばってるか」とやさしく
声をかけてくれる人。
父こそ、めげずにリハビリをがんばってくれています。
竹炭入手しました
四国の4代目竹虎さんから 15ミクロンの竹炭を
送っていただきました。
何に使うって、やっぱりケーキ材料としてです。
炭といえば和歌山の備長炭が有名ですが、こちらもかなり
こだわった方で、竹細工はじめいろんな竹製品をつくって
おられます。
楽天にも出品されているようです。
さて、炭をつかってどんなお菓子ができあがるのか
10月なかごろに、原型ができる予定です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。